キャッシング

知っ得!豆知識
キャッシング選びのポイント
初めてキャッシングを利用する人は、「利息がものすごく高いのでは?」「取立てが厳しいのでは?」といろいろ不安を感じることでしょう。キャッシングの取扱金融機関を選ぶ際には、一部上場企業または上場企業の100%子会社 であることが、ひとつの目安になります。その中から、自分の目的に合ったカードを選ぶには何を検討すればよいのか見ていきましょう。
◆審査が厳しいほど低金利、ゆるいほど高金利と覚えておこう
ローンと呼ばれるものすべてに共通することですが、審査が厳しければ厳しいほど低金利で融資を受けることができます。 金融機関はあなた自身への信用を担保としているので、審査がゆるい=リスクが大きいということになり、そのリスクを金利でカバーすることになるのです。 ただし、金利の上限は法律で29.2%と定められています。
◆比較ポイントは、「金利」「限度額」「融資スピード」「ATM・CD」「返済方法」
金利(融資利率)
低いに越したことはないが、即日融資を希望する場合、金利は高めに。 金利は日数計算なので、長期で借りる場合には審査、融資スピードが遅くても低金利の商品を選んだほうがよい。
限度額
多ければ多いほどいいとは限らない。自分に必要な融資額を見極めよう。
融資スピード
今すぐ必要なのに3日後の融資ではナンセンス。が、逆に万が一に備える予備資金目的で利用するのであれば、審査、融資スピードが遅くても低金利のものを。
ATM・CD
利用できるATMやCDが自分の生活圏内に存在しているかどうかもチェックしておこう。 また、夜間、祝日の利用ができるかどうかも確認を。
返済方法
無理のない返済プランが立てられるかどうかも大事なポイント。
*基礎知識『Point5 キャッシングの返済方法』参照
◆「貸金業務登録番号」を持っている会社かどうか?
ここで紹介する金融機関は安心ですが、世間でよく言われている悪徳業者にひっかからないために、 融資を受ける前には必ずその会社が財務局などに貸金業務登録しているかどうかを確認しましょう。 銀行以外の金融機関は必ず貸金業務登録することが義務づけられており、その登録番号はすべての営業広告物に記載することが定められています。 また、本当にその会社が登録しているかどうかは、金融庁のホームページ(www.fsa.go.jp)で検索して確かめることもできます。
◆大手だから低金利とは限らない!
初めて利用する人にありがちなのが、取扱金融機関のネームバリュー。確かに安心感はありますが、大手だからといって低金利とは限りません。 融資を受ける際には、利用規約、金利を必ずチェックするようにしましょう。
こんな時に利用したい! どこで利用できるの?
知っ得!豆知識トップへ

PR