キャッシング

基礎知識
キャッシングの種類と特徴
キャッシングを取り扱っている金融機関は数多くあります。
ここでは、主な取扱金融機関をグループ分けして、それぞれの特徴をご紹介します。 自分に合ったカードはどれか、カード選びの参考にしてください。
◆銀行系(銀行など)
ほかの金融機関に比べて低金利。融資限度額が高めに設定されていることが多いので、まとまったお金を長期にわたって借り入れるときに検討できるサービスです。 銀行のATMが利用でき、安心感もあります。ただその分、申し込みに時間がかかったり、低金利の商品であればあるほど審査が厳しくなることがあります。
◆信販系(信販会社)
融資限度額内であれば、普段ショッピングなどで使用しているカードでキャッシングできるのが特徴です。 またATM・CDも数多くあり、便利で手軽。返済もクレジットカードの利用時と同様、指定口座からの自動引き落としもできるため、返済の煩雑さもありません。 また、ショッピングには使えないお金を借りるための専用カードもあり、まとまった金額を分割で利用したい場合に検討してみるとよいでしょう。
◆流通系(百貨店、大手スーパー)
例えば、流通会社が顧客の固定化を図るために、優待割引などさまざまな特典などをつけて発行しているクレジットカード。 このカードでも融資限度額内であればキャッシングができ、キャッシングの一つとして広く認知されています。 よく買い物をする百貨店やスーパーがある場合には、その特典が何よりの魅力。 審査、カード発行も迅速です。金利の高い商品もあるので、長期より短期の借入で利用するとよいかもしれません。
◆独立系(IT企業、ネット金融会社など)
融資申し込みはネットを通じて24時間365日OKが主流。申し込みから審査、融資にいたるまでスピーディで、融資は即日中に指定口座に振り込んでくれることがほとんどです。 融資限度額も一般的に300万円程度と高いものが多く、また比較的低金利なため長期で借り入れるときに検討できるサービスです。
◆専業系(融資を専門としている金融機関)
他のキャッシングに比べて、審査や手続きが簡単スピーディ。ほぼ申し込んだその日に借入が可能です。 ただその分、金利が高いこともあるのでよく調べておきましょう。さまざまな商品があり、1週間から10日間の借入であれば無利息というものも。 給料日前などで、数日後には確実に返済できるという場合にはおすすめです。 また、返済もコンビニのATMなどでできる商品も増えて、使い勝手がよくなってきています。
キャッシングの基礎知識 一般的な申込みの流れ
基礎知識トップへ

PR